防水加工はあったほうがいい?

ランドセルの力

ランドセルは6年間ほぼ毎日使う物ですから、雨に濡れる事も想定して作られています。

ランドセルの力のメインimage

新着記事

専門店ブランドの魅力

ランドセルにも専門店があるのを知っていますか?ランドセルの事を知り尽くした職人が作る上質なランドセルが揃っています。

天使のはねが人気の理由

ランドセルといえば、天使のはねといってもいいくらい今では定番となっていますが、人気の理由はどこにあるのでしょうか?

防水加工はあったほうがいい?

ランドセルの素材にもいくつか種類がありますが、本革の場合はあらかじめ防水加工が施されています。

(参考;http://www.laponte.co.jp/)

しかし6年間という長い間には防水効果も落ちてきますので、途中で防水加工をしなおすか、防水スプレーを使うのもいいと思います。

ただし革によって使えるタイプも違ってくるので、必ずランドセルに使える防水スプレーを選んでください。

今はより軽量化になった、人口皮革のクラリーノという素材も人気です。

人工皮革の場合は防水加工もしやすいので、雨の日はあまり気を使わずに済みます。

濡れても変色したり、縮む事もないのでお手入れが楽なのはメリットです。

クラリーノは値段もお手頃なので、購入しやすいところも人気の理由となっています。

しかし耐久性では牛側に劣るので、牛側を選ぶ人もいます。

この場合は撥水加工や防水加工もされていますが、人工皮革のように濡らしっぱなしでは革が劣化してきますので、早めに対処しましょう。

梅雨の時期は防水加工が施してあっても、専用のカバーなどで濡れるのを防げば革の寿命も長くなります。

濡れてしまってもすぐに水気を拭き取り、乾いた布で乾拭きすればツヤがよみがえります。

通販やネットでランドセルを購入する場合は、可能なら記事素材のサンプルを取り寄せてみましょう。

ただしサンプル請求を受け付けていない所もあるので、事前に確認も必要です。

サンプルなら色合いなどもわかりますし、水に濡らしたときどうなるのかも確認できて便利です。